相続手続き
 > 相続手続き

相続手続き

まずは、相続の流れを確認してみよう。

1ヶ月目 相続の開始(被相続人の死亡) 遺言書の有無を確認 遺言書あり 遺言書なし 公正証書遺言の照会 自筆証書遺言の検認 相続人の調査 2ヶ月目 相続財産の把握(土地、建物等) 相続方法の決定 3ヶ月目 所得税の準確定申告 遺産分割協議 遺産分割協議書の作成 成立 不成立 不動産・預貯金等の名義変更 調停・審判 相続税の申告
相続の開始(被相続人の死亡) 遺言書の有無を確認 遺言書あり 遺言書なし 公正証書遺言の照会 自筆証書遺言の検認 相続人の調査 相続財産の把握(土地、建物等) 相続方法の決定 所得税の準確定申告 遺産分割協議 遺産分割協議書の作成 成立 不成立 不動産・預貯金等の名義変更 調停・審判 相続税の申告

スムーズな相続手続きのポイント

  1. 相続放棄・限定承認は3ヶ月以内に
  2. 所得税の準確定申告は4ヶ月以内に
  3. 相続税申告は10ヶ月以内に

専門家の無料相談を活用しましょう

ベストファームでは、相続に関する無料相談を実施しております。 相続について何から初めてよいかわからないという場合には、お近くのベストファームへ無料相談にお越しください。

遺言書が見つかったら

自筆証書遺言書を発見した場合には、開封せず、そのままの状態で家庭裁判所へ検認の手続きをする必要があります。この検認が済むと、初めて相続人は遺言書の中を確認することができます。

相続人が誰かを把握しましょう

法的に相続の権利を認めらる人を法定相続人といい、法定相続人を明確にするための調査が相続人調査です。 相続人調査では亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本を調べ、相続人を確定します。

相続方法を決定しましょう

相続人調査と財産調査が終えたら、財産の相続方法を決定する必要があります。 相続財産のすべてを単純相続する単純承認、相続財産のすべてを相続しない相続放棄、相続財産の一部を相続する限定承認という方法があります。

遺産分割と遺産分割協議書

遺産分割協議に相続人全員が合意したら、その内容を書面にした遺産分割協議書を作成いたします。 遺産分割協議書は相続人全員の合意をもとに作成する必要があります。

借金を相続しないために

相続放棄は、被相続人が所有していた財産を一切相続しないという法律上の手続きになります。相続放棄は、家庭裁判所に相続が発生してから3ヶ月以内に相続放棄の申述をしなければなりません。

不動産の名義変更について

相続が発生した場合、亡くなった方(被相続人)名義の不動産について、名義を相続人へと変更する手続きが必要になります。名義変更をしなかった為に、後々手続きが複雑になり、そこで相続人間でのトラブルに発展してしまうというケースもあります。 ですので、この相続不動産の名義変更は速やかに行う必要があるのです。

相続税を申告しましょう

相続税とは、被相続人(亡くなった人)の死亡により、相続人が相続により取得する財産に対して課税される税金のことをいいます。 相続税の申告ならびに納税は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に、被相続人の死亡時における住所地を管轄する税務署に対し手続きをおこなわなければなりません。

相続した空き家・不動産の売却

相続した実家等の不動産が活用される可能性が少ない場合、売却を検討しましょう。住まない、活用しない不動産を持ち続けることは、様々なリスクが増えるだけでなく、空き家売却の優遇税制がある等、早く売却したほうがお得な場合もあります。

相続相談先の選び方

相続手続きといってもその内容によって関わってくる専門家も変わってきます。 相続相談先を選ぶポイントについてご紹介します。

ベストファームが選ばれる理由

福島県内最大級。3店舗展開
相談実績8,000件の信頼と実績。
各種国家資格者が連携して
ワンストップサポート。
土日祝日も夜19時まで無料相談
(※石川店は日曜休)
ご相談の流れ
ご予約お電話
ご来店日時決定
無料相談にご来店
お見積り
お申込み・手続き開始
手続き完了
お支払い