公務員の方の相続税申告:郡山市S様
 >  > 公務員の方の相続税申告:郡山市S様

公務員の方の相続税申告:郡山市S様

ご相談者

ご相談者郡山市在住 S様
相続人配偶者、長女
相続財産 不動産、預貯金、生命保険、死亡退職金

ご相談内容

公務員の夫が病気で亡くなって、主な財産は自宅の土地建物だけだったので、相続税がかかるとは思っていなかった相談者。 しかし、相続手続を進めたところ、死亡退職金、弔慰金、職場で加入した死亡保険金、保険契約の解約返戻金、財形など多額の入金がありました。 書類に「相続税の対象になる」という記載があったため税理士に相談したところ相続税がかかることがわかり、ご相談にいらっしゃいました。

ベストファームからのご提案

相続税額を計算し、相続税申告を行いました。

ご提案のポイント

生命保険金、死亡退職金、弔慰金など内容により、死亡保険金や死亡退職金の非課税対象になるかどうか判断が必要です。 まずは専門家に相談して相続税がかかるかどうか判断することが重要です。

相続税申告もベストファームへ

平成27年1月からの相続税改正後、相続税申告が必要とは思わなかったという方が実際に相続税申告が必要となったケースが多数ございます。 ベストファームの相続手続きでは、相続人、相続財産調査を行う上で相続税が発生する場合に、グループ内の税理士につなぎ、スムーズに相続税申告を行うことも可能です。 ベストファーム税理士法人では、福島県内で年間80件もの相続税申告を行っており、福島県内で有数の申告実績です。 相続税申告も安心しておまかせください。

ご相談の流れ
ご予約お電話
ご来店日時決定
無料相談にご来店
お見積り
お申込み・手続き開始
手続き完了
お支払い