戸籍謄本と戸籍抄本
 >  > 戸籍謄本と戸籍抄本

戸籍謄本を取り寄せる場合、申請書に戸籍謄本か戸籍抄本かどちらが必要かを選ぶ箇所があります。

ここでは戸籍謄本(こせきとうほん)と戸籍抄本(こせきしょうほん)の違いをご説明いたします。

戸籍謄本とは、戸籍に記載されている全員の情報を全て写したもののことです。
戸籍抄本とは、戸籍に記載されている一部(例えば世帯主の情報のみなど)の情報を写したもののことです。

必要に応じて、必要な情報だけ写すという場合には戸籍抄本を取得します。相続手続きの際には戸籍謄本を取得します。
現在では戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本は「個人事項証明書」と言います。

 

 

ご相談の流れ
ご予約お電話
ご来店日時決定
無料相談にご来店
お見積り
お申込み・手続き開始
手続き完了
お支払い