遺言書が見つかったら
 >  > 遺言書が見つかったら

遺言書が見つかったら

遺言書が見つかった

遺言書が見つかったら

被相続人がお亡くなりになった後、自筆証書遺言を発見した場合、その場ですぐ開封することは、法律上禁止されています。自筆証書遺言書を発見した場合には、開封せず、そのままの状態で家庭裁判所へ検認の手続きをする必要があります。検認とは、遺言書が改ざんなどされておらず、亡くなられた方本人が書いたものであるかなどを確認する手続きです。この検認が済むと、初めて相続人は遺言書の中を確認することができます。
万が一検認の手続きをせずに開封してしまった場合には、5万円以下の過料が課せられますので、注意しましょう。封を開けてしまった場合でも、そのままにせずに、家庭裁判所に提出しましょう。
家庭裁判所での検認の手続きが済んだら、基本的には遺言書通りの遺産分割をすすめていく流れとなります。遺言書で遺言執行者が指定されている場合には、執行者が進めていきます。

遺言書の検認申立てとその流れ

遺言書の検認をする家庭裁判所は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所となります。
検認申立てが完了すると、相続人の全員に家庭裁判所から指定の期日に家裁に来るよう通知が届きます。家庭裁判所に行くかどうかは自由ですので、相続人のうち何人かが出頭しなかったとしても、家庭裁判所は、遺言書の開封および検認を進める事になります。 検認に立ち会わなかった相続人には後ほど検認が完了した旨の通知が届きます。検認手続きが完了した遺言書の原本は、提出者に返還されます。
遺言書によって、不動産を取得する場合、名義変更の際には検認済の印が押印された遺言書が必要となりますので、大切に保管するようにしましょう。

遺言書の内容に不満がある場合

遺言書の内容に不満がある場合には、必ずしも遺言書の内容通りに遺産分割をすすめる必要はありません。ただし、法定相続人が遺言書通りの遺産分割を進めたくないという全員一致である必要があります。一人でも遺言書通りで進めたいという相続人がいる場合には、はやり遺言書通りに進める流れになります。
例えば、遺言書には、家族には一切の財産を与えず、内縁の妻に財産のすべてを与えるという旨の遺言書である場合。これでは残されたご家族の方は不憫です。このような場合に、相続人が全員一致の下、遺言書通りの遺産分割を進めたくないという合意に至った場合、遺言書無効の訴えを起こすことも可能なのです。

遺言書がなかったら

相続手続きを依頼したい方へ

ベストファームが選ばれる理由

福島県内最大級。3店舗展開
相談実績8,000件の信頼と実績。
各種国家資格者が連携して
ワンストップサポート。
土日祝日も夜19時まで無料相談
(※石川店は日曜休)
ご相談の流れ
ご予約お電話
ご来店日時決定
無料相談にご来店
お見積り
お申込み・手続き開始
手続き完了
お支払い